技術情報

トップページ > アルミ基板とledの関係について

アルミ基板とledの関係について

最近、アルミ基板が注目を集めています。
アルミ基板は、紙や樹脂をベースにした基板とは違って、アルミをベースにした基板で、放熱効果に優れています。そのため、パワーLEDの基板として、脚光を浴びているのです。

パワーLEDとは、高輝度LEDよりも明るいLEDです。素子構造は、高輝度LEDとあまり変わらないのですが、大電流を必要とするので、素子が高熱を発するのです。
パワーLEDを使った器具の設計を行う場合、重要なのが熱対策です。熱を逃がすことが、とても大切なのです。
熱を逃がさないと、素子の寿命が短くなったり、回路素子が壊れたり、ハンダが劣化するなど様々なトラブルが発生するリスクが高まります。

電子回路に使われる基板には、様々な種類がありますが、パワーLEDの場合は、メタル基板にすることが多く、価格や入手の手間を考えると、アルミ基板が適していると言えます。
銅基板では、アルミ基板よりも高価になってしまい、鉄基板では取り扱いメーカーが少ないのです。

アルミ基板とアルミヒートシンクの取り付けでは、放熱シートなどを敷くことが大事です。金属同士で密着することができると良いのですが、空気の層ができるため熱の伝達ロスがあるためです。放熱シートには、アクリル系とシリコン系があります。取り扱いが楽なのは、べたつきがないアクリル系です。
熱の伝導効率を良くするためには、シリコン層を薄くして、空気を入れないようにすることが重要です。

関連情報ページへ

プリント基板
プリント基板製造

シビアな精度、精巧さが求められる高難度基板こそ、私たちの本領分野。最先端の基板づくりで培った技術力が、すべての製品に息づきます。

基板設計
基板設計

完成基板の品質を決定づける、基板設計。豊富な設計スキルを有する匠が、お客様の求める、あらゆる基板設計ニーズに「速」お応えします。

電子部品実装
電子部品実装

先進の実装技術を活かし、あらゆるデバイスの実装に対応。また、設計から実装までの一貫対応により、発注マネジメントの効率化にも貢献します。

電子機器開発
電子機器開発

新たな製品の開発をあらゆる段階から支援。想いをカタチにする創造力と先進の技術力、柔軟な対応力で、完成度の高いモノづくりをサポートします。

少量多品種中心のもの作りをサポートとするしくみ

  • 試作~製品化まで丸投げしたい
  • ガーバーデータを送って最短で試作の依頼をしたい
  • 小中ロットでも快く引き受けてくれる業者を探している