技術情報

トップページ > アルミ基板とledの関係について

アルミ基板とledの関係について

最近、アルミ基板が注目を集めています。
アルミ基板は、紙や樹脂をベースにした基板とは違って、アルミをベースにした基板で、放熱効果に優れています。
そのため、パワーLEDの基板として、脚光を浴びているのです。

パワーLEDとは、高輝度LEDよりも明るいLEDです。素子構造は、高輝度LEDとあまり変わらないのですが、大電流を
必要とするので、素子が高熱を発するのです。
パワーLEDを使った器具の設計を行う場合、重要なのが熱対策です。熱を逃がすことが、とても大切なのです。
熱を逃がさないと、素子の寿命が短くなったり、回路素子が壊れたり、ハンダが劣化するなど様々なトラブルが
発生するリスクが高まります。

電子回路に使われる基板には、様々な種類がありますが、パワーLEDの場合は、メタル基板にすることが多く、
価格や入手の手間を考えると、アルミ基板が適していると言えます。
銅基板では、アルミ基板よりも高価になってしまい、鉄基板では取り扱いメーカーが少ないのです。

アルミ基板とアルミヒートシンクの取り付けでは、放熱シートなどを敷くことが大事です。金属同士で密着することが
できると良いのですが、空気の層ができるため熱の伝達ロスがあるためです。放熱シートには、アクリル系とシリコン
系があります。取り扱いが楽なのは、べたつきがないアクリル系です。
熱の伝導効率を良くするためには、シリコン層を薄くして、空気を入れないようにすることが重要です。