技術情報

トップページ > 電子工業を担うアルミ基板の分割作業

電子工業を担うアルミ基板の分割作業

アルミ基板の分割作業は、現代の電子工業において、きわめて重要なポジションにあります。アルミ基板は放熱性が最も優れているため、あらゆる分野での工業製品に用いられているのです。
一般的に、アルミ基板は絶縁層の上に銅箔が塗布されていき、それらの膜はミリ・マイクロ単位で薄く延ばされたものとなっています。取り扱う基板によって異なりますが、二層式・両面式などの加工も手掛けることになります。
今、アルミ基板はパワーLED(発光ダイオード)で広く用いられているため、需要がますます伸びていく産業として認知されています。パワーLEDの部品を見てみると、どれもミリ単位のものばかりのため、一つのアルミ基板を分割して作り上げていくことになります。
分割することで複数の製品ができる仕組みは、アルミ基板に携わる業界ではもはや常識で、電子部品を構成するパーツを担う役目を果たしています。
分割は、工場内で設置されている専用の機械で加工されていき、その外観は洗濯機や電子レンジに似たものなど大小さまざまです。電子レンジに似た機器は、ルーター式基板分割機と呼ばれており、モーターの電動でルーター(切削器)が動く仕組みとなっています。図面をコンピューターで読み取り、所定の動作で起動することによって、アルミ基板を図面通りに分割することができます。機器によっては、取り扱うルーターの高さが調整される機能が実装されており、より高度な精度でアルミ基板の分割が行えるようになっています。

関連情報ページへ

プリント基板
プリント基板製造

シビアな精度、精巧さが求められる高難度基板こそ、私たちの本領分野。最先端の基板づくりで培った技術力が、すべての製品に息づきます。

基板設計
基板設計

完成基板の品質を決定づける、基板設計。豊富な設計スキルを有する匠が、お客様の求める、あらゆる基板設計ニーズに「速」お応えします。

電子部品実装
電子部品実装

先進の実装技術を活かし、あらゆるデバイスの実装に対応。また、設計から実装までの一貫対応により、発注マネジメントの効率化にも貢献します。

電子機器開発
電子機器開発

新たな製品の開発をあらゆる段階から支援。想いをカタチにする創造力と先進の技術力、柔軟な対応力で、完成度の高いモノづくりをサポートします。

少量多品種中心のもの作りをサポートとするしくみ

  • 試作~製品化まで丸投げしたい
  • ガーバーデータを送って最短で試作の依頼をしたい
  • 小中ロットでも快く引き受けてくれる業者を探している