【アルミ基板と試作品について】

日本では、アルミ基板を作っている企業が数多く存在します。
昔は、アルミ基板というと珍しいイメージもありましたが、最近ではLED市場の拡大により、大きな注目を集めています。LED照明は、次世代の省エネ対策として話題となっており、少ない電力でも充分な明るさを得ることができるので、使用環境を問わず需要があります。
高機能化が進むLEDですが、ハイパワーになると発熱の問題が出てきます。放熱を怠ると、寿命が縮み、ハンダが劣化するなどのトラブルが発生するリスクが高くなるので、注意する必要があるのです。
LED製品には放熱性を重視し金属基板が使用されますが、例えば銅基板の場合は、価格が高いという問題があります。鉄の基板もありますが、取り扱いメーカーが少ないため、なかなか見る機会はありません。アルミ基板は、価格が安いなど、様々なメリットがあるのです。
基板製作を依頼したい場合、まず試作基板を作ってもらい品質をチェックしましょう。試作基板のチェックを行っておけば量産発注をする際も安心できます。試作基板の多くは、安く提供されます。
最近は、ホームページから見積もりフォームを使って気軽に見積もりを依頼することができる会社が増えており、とても便利です。
試作基板の価格は、基板の大きさによって異なり、納期は工場の稼働率によっても変わってきますので、確認しておきましょう。