お客様の声

トップページ > お客様の声 > 日本コネクト工業株式会社 様

技術力は期待通り。相談しやすく頼れる存在です

日本コネクト工業株式会社様

お客様情報 日本コネクト工業株式会社
左:営業部主任 中村 泰教 様 /一級プリント配線板製造技能士
中央:営業部 杉島 克明 様 右:当社 営業担当
プローブピン、スプリングプローブ、コネクタなどの電子部品を開発・製造しているメーカーです。
基板の設計にも対応しており、当社ではその設計図面をもとに基板の製造や実装をお手伝いしています。

プローブピンを活用した各種電子部品を提供

―貴社の業務内容について、ご紹介をお願いいたします。

中村様:当社はプリント基板や半導体などに使われる「プローブピン」をメインに、各種電子部品の開発や製造をしている会社です。製品の多くはオーダーメイドのカスタム品で、国内の大手メーカー様をはじめ、近年は海外メーカー様からの問い合わせも増えています。

私たちの所属は営業部ですが、単に製品を売るのではなく、クライアントのご依頼内容に適したプローブピンの選定や、必要に応じて製品評価用の基板の設計、メーカーへの製造・実装依頼、そして動作確認をしたうえで納品までを対応できる「技術営業」という役割を果たしています。

中村泰教様/杉島克明様

杉島様:以前は基板の設計もアウトソースしていたのですが、基板とセットでご依頼いただくケースが増えてきたこと、また外注だとフレキシブルな対応できないといった課題がありました。

ならば、クライアントと直接話しながら基板の設計を自社で行い、その設計図面をもとに基板の製造や実装のみアウトソースしたほうがスムーズに進められるということで、技術的な知識やノウハウのある機能を営業部に追加したというような経緯があります。

基板

なんでもやっている会社だから期待できた

―新しい基板メーカーを探すきっかけは、何だったのでしょうか?

中村様:小型化や軽量化など日進月歩の世界ですから、より高度で、より微細な基板を作れる腕の良いメーカーを常に探しています。

メーカー選びのポイントは、特殊な基板とか高難度品にチャレンジしている会社であること。例えば、ピッチの幅が狭いなど微細パターンの基板を作れるとか、パットオンビア仕様に対応しているとか、いろいろな基板づくりに挑戦しているところを、メーカーのホームページでチェックしたり、展示会に足を運んだりしながら探しています。富士プリント工業に出会ったのも、展示会でしたね。

基板業界では、富士プリント工業は中堅企業で有名ですし、開発から設計、基板製造、実装、板金までモノづくりに関するあらゆる事業に対応している会社じゃないですか。

微細で密度の高い基板とか、私たちが求める製品にも対応してくれるだろうという期待はありましたので、展示会で名刺交換をさせてもらった時点で良さそうな案件があれば依頼したいという思いを抱いていました。

その後、最初の取引までには少し時間が空いてしまいましたが、まめにご連絡いただいていたので相談し易く感じていて、結果、板金の製作依頼が最初の内容でした。基板の評価に必要な筐体を1セットお願いしたことから、取引が始まりました。
実際に取引をして、期待通りの対応だったことから、その後は基板の製作や実装をはじめ、いろいろな依頼をさせていただいています。

納期対応も満足。期待通りの技術力

当社以外にも複数の基板メーカーと取引をされていますが、どのように使い分けされているのでしょうか?

中村泰教様/杉島克明様

中村様:クライアントの要望と各メーカーの特徴をあわせて、依頼する基板メーカーを決めています。例えば、時間と費用を惜しまないクライアントなら設備が充実した大手基板メーカーに依頼することもありますし、スケジュールが最優先なら対応力に優れている中堅メーカーに依頼するなど、使い分けをしています。

これは一般論ですが、大手メーカーは品質が高いのは当然という認識があります。ただ最近では、中堅メーカーでもそれなりの設備を所有していますし、品質を十二分に担保できるところも増えてきたという印象があります。

そういった点で富士プリント工業は、設備も充実しており技術力や品質は期待通りですし、納期対応もいいですよね。

短納期でも柔軟に動いていただけるので、助かります。
また、他社では断られた案件でも相談に乗っていただけるなど、相談がしやすいのも富士プリント工業のいいところです。「こういう設計なんだけど、できる?」とか、とりあえず聞いてみてお願いすることのほうが多いと思います。

コンスタントに月に数回は来社していただけますし、電話も多いときには毎日かけることもありますから、頼れるパートナーだと感じています。

コストを抑えつつ、ともに進歩していきたい

―今後について教えていただけますでしょうか。

杉島様:当社では特殊材料を使った基板を扱うことも多く、例えばFR-5相当品など高耐熱の材料を使用したプリント基板をメーカーに依頼することもあります。
ただ、材料コストが高くなりますので、コストダウンに向けたアイデアをいろいろお借りしたいですね。

特殊材料については、富士プリント工業で在庫を保有していただくなど、さまざまな取り組みをしていただき、コストダウンにもつながっています。

中村様:私たちも中間業者ですし、クライアントから「価格を下げてほしい」と言われると製造コストを下げるしかないのはわかっています。さすがに利益を削ってまで下げてほしいとは思いませんが、企業努力によるコストダウンを期待しております。

これからも設備や製造技術をさらに向上していただき、当社の成長の一助となり共に成長していく事を期待しております。

―私たちも精いっぱい努力してまいります。取材にご協力いただき、ありがとうございました。

少量多品種中心のもの作りをサポートとするしくみ

  • 試作~製品化まで丸投げしたい
  • ガーバーデータを送って最短で試作の依頼をしたい
  • 小中ロットでも快く引き受けてくれる業者を探している