技術情報

トップページ > アルミ基板の実装について

アルミ基板の実装について

最近は、LEDなどの進化によって、アルミ基板に注目が集まっています。
アルミ基板とは、アルミ材をベースにして、銅箔と絶縁層で形成された基板のことです。アルミ基板は、他の金属にくらべると安価で製作できるというメリットがあります。銅箔をエポキシ樹脂によって圧着させているため、放熱性、帯電性、加工性にも優れています。熱を逃がすことを放熱と言いますが、放熱を怠ってしまうと、素子の寿命が短くなり、ハンダの劣化など様々なトラブルも発生するので注意が必要なのです。
アルミ以外でも、銅をベースにした銅ベース基板や、鉄をベースにした鉄基板がありますが、どちらも問題があります。銅基板は、価格が高く、鉄基板は、取り扱っているメーカーが少ないのです。
基板を選択する時は、基板の特性を知ることが大切です。アルミ基板にパワーLEDを実装したものと、他の基板にパワーLEDを実装したものとを比べてみると、放熱の違いがよくわかります。
実装とは、何らかの機能を実現するための装備や手法のことですが、エレクトロニクス分野における実装技術は、プリント基板に電子部品をハンダ付けする技術のことです。プリント基板における実装技術は、細かい分野に分かれています。