技術情報

トップページ > pwbへ部品を実装する際の印刷工程の重要性

pwbへ部品を実装する際の印刷工程の重要性

あらゆるエレクトロニクス製品に用いられるpwbですが、モノのインターネット化がますます現実味を帯びる昨今、
その重要性はますます高まっています。
特に製品の小型化に伴う部品の微小化、回路の高密度化は、製造工程における高度な品質管理を必要としています。

数あるpwb実装工程の中でも、品質管理が特に重要となるのがクリームハンダの印刷工程です。
実装における不良要因のおよそ8割が印刷工程にあります。裏を返せば、印刷工程の精度が高ければ、実装機での
実装が多少ずれたとしても良品生産が可能となるのです。

では高精度の印刷とはどのようなものでしょうか。基本となるのは、pwbの正しい位置に、正しい形でハンダを、
バラつきなく印刷することです。
正しい位置というのは、pwbのランドの上にきちんとずれなくハンダが乗っている状態のことです。
正しい形とは、ハンダがきちんと直方体となっていることです。角が取れていたりツノが立っていたりするのは
悪い状態と言えます。そしてそれらが毎回同じ水準で生産出来て初めて高精度の印刷が実現します。

実装ラインにハンダ検査機が取り入れられているケースが増えているのもこのような背景からです。
昨今では、ハンダ印刷機とハンダ検査機、そして実装機を接続し、データ通信をすることでpwbの品質向上を図る
メーカーも登場しています。製造ロスコストを削減する方向性がますます強まる昨今、pwb実装工程においては
印刷制度の追求により高品質生産が実現できると考えます。

関連情報ページへ

プリント基板
プリント基板製造

シビアな精度、精巧さが求められる高難度基板こそ、私たちの本領分野。最先端の基板づくりで培った技術力が、すべての製品に息づきます。

基板設計
基板設計

完成基板の品質を決定づける、基板設計。豊富な設計スキルを有する匠が、お客様の求める、あらゆる基板設計ニーズに「速」お応えします。

電子部品実装
電子部品実装

先進の実装技術を活かし、あらゆるデバイスの実装に対応。また、設計から実装までの一貫対応により、発注マネジメントの効率化にも貢献します。

電子機器開発
電子機器開発

新たな製品の開発をあらゆる段階から支援。想いをカタチにする創造力と先進の技術力、柔軟な対応力で、完成度の高いモノづくりをサポートします。

少量多品種中心のもの作りをサポートとするしくみ

  • 試作~製品化まで丸投げしたい
  • ガーバーデータを送って最短で試作の依頼をしたい
  • 小中ロットでも快く引き受けてくれる業者を探している