【両面や片面など様々な種類があるアルミ基板】

日本では、LED照明の人気が高まっています。LED市場が拡大していることで注目が集まっているのが、放熱性の高いアルミ基板です。LEDの市場は、多くの開発会社が参入し競い合っています。そのため、いま、価格が安くて入手しやすいアルミ基板の需要も大きくなっているのです。
プリント基板の中でもアルミ基板は、放熱性、加工性、耐熱性が強化されているという特徴を持ちます。プリント基板は、種類が多く、使う電子機器や使われる環境、設置する場所などによって素材が決まります。機械的に部品を置いて効率良く配線を接続できるので、生産性が向上し、電子製品の小型化にも大きく貢献しています。
片面基板や両面基板、多層基板、ビルドアップ基板などに分類され、それぞれ特徴があります。
片面基板は、電子部品の実装が片面だけの基板で、コストを抑えることを重視した電子機器に採用されていることが多いです。両面基板は、電子部品の実装が両面に施されています。両面を使うので、片面基板よりもコストは高くなりますが、それでも低コストの電子機器に採用されています。
両面基板では収容できなかった配線パターンを内部の層に入れたのが、多層基板です。
全てアルミを素材として作成することが可能です。