技術情報

トップページ > プリント基板業界における平米単価とはなにか

プリント基板業界における平米単価とはなにか

プリント基板の価格設定の目安は、基本的に層数によって規定されています。層数とは、何層構造のプリント基板なのか、ということであり、その数字が大きくなるほど付加価値が高まって高額になります。層構造によって価格が大きく変わってくるということです。そして同じ構造のもの同士であれば、後は平米単価と呼ばれる業界の価格決定基準が適用されます。平米とは、平方メートルの古風な呼び方であり、この業界ではなぜか今もって有効な単位です。
プリント基板の母材は普通、1メートル×1メートルまたは1.2メートル×1メートルであり、ここからワークサイズが切り出されます。プリント基板の製品寸法は千差万別ですので、基板メーカーにおける作業が容易になるようワークサイズが設定されます。そして母材から何枚切り出されたワークサイズか、そしてワークサイズから何枚切り出された製品サイズなのか、で価格の目安が決まります。これが平米単価というもので、基板1点ごとに1平方メートルあたりいくらになるかが価格における議論の対象となります。
プリント基板の平米単価は、基本的に発注者の側の論理と言って良いでしょう。発注者はこれを目安にプリント基板単価の予算を決めますが、基板メーカーにとっては平米単価以上に重要な要素は沢山あります。化学銅メッキ・回路形成・レジスト印刷・文字印刷などは加工単位を平米単価で管理できますが、NC穴あけやNC外形加工などは製品によってコストは非常に大きく変化します。一律に平米単価で価格が決定される場合は、プリント基板メーカーにとっては大きな不利益を被る可能性があると言えるでしょう。