【プリント基板とメーカーについて】

“現在、プリント基板は、様々な業種で採用されています。電子部品をプリント基板に実装し、目的に沿った機能を持つ基板モジュールが完成するのです。
ここ数年で、デジタル家電やモバイル機器の市場は、著しく成長しています。製品の開発スピードは、昔とは比べものにならないほど速くなり、高機能・多機能になっています。そのデジタル家電やモバイル機器にも、プリント基板が使われているのです。
プリント基板は、電子部品を機械的に配置して効率良く配線を接続することができます。デジタル家電も、モバイル機器も、どんどんコンパクトになって進化していますが、それはプリント基板の進化が支えているのです。プリント基板は、配線を誤る可能性が低く、短い期間の量産性に優れています。プリント基板のおかげで、電子製品は小型になり、生産性が上がり、コストを削減できたと言えます。
通常、プリント基板は電子機器の種類や使う環境、用途などを考慮したうえで設計が行われています。最近は、個人でもプリント基板を気に入ったメーカーに注文する人が増えています。日本のメーカーは、品質が良く、サービスも良いので、国内だけでなく海外のユーザーからも厚い信頼を寄せられていると言えます。わたしたちの身近にあり、日常生活をサポートしているプリント基板は、ますます発展していくだろうと予測されています。”